してみるテストロゴ
とあるボールペンを再生してみるテスト。

はじめに

子供のお友達から、プレゼントとして頂いたレゴのボールペン。

使いやすいのですが、私が調べた範囲では、替え芯が売ってません。

子供の手前、環境保護の教育的に使い捨てはあまりよろしくないので、なんとか再生してみることにしました。

毎度のことですが、私の手元にある個体で試した物で、同じ製品であっても、他の個体ではどうなるか判りませんし、なんら保証できるものではありません。

みなさんの判断と責任のもと、お試しください。

今回再生するボールペンはこんなの。

レゴのボールペンです。

真四角なのですが、意外に使いやすく、子供も私も気に入っていたのですが、インクが無くなってしまいました。

レゴのペン

で、替え芯を買おうと思って、分解してみました。

オリジナルの芯

475R6BAMとか書いてあります。

ところが、この番号でググってみても、全く引っかかりません。

おそらく、このボールペンの替え芯は、この世に存在していません。

使い捨てにして、又おなじものを買ってもらうビジネスのようです。

買ってきた替芯

測ってみると、物理的仕様が一致した替芯はなかなか見つかりません。

そこで、ちょこっと長い物で代用することにしました。

パイロットさんの、このページのものが使えそうです。

子供も使うのであまり細くないペン先で、赤のものということで、以下の写真のBRF-10F-Rにしました。

買ってきた替芯

オリジナルの芯よりも2ミリ長いので、長さを揃える必要があります。

替え芯の長さを揃える。

買ってきた替芯は115mmなので、、オリジナルの芯(113mm)より少し長いので、そのままでは、しっかりペン先のフタ?がしまりません。

そのため、長さを揃えるように、しっぽ側を2mm切ります。

このとき、はさみだと、誤差が大きくなってしまうので、カッターで切ることをオススメします。

長さを揃えてカッターで切ってください。

これで、うまくペン先のフタが閉まって使えるようになります。

切りすぎてしまったら、替え芯のしっぽ側に適当な堅い物を貼り付けて調整してください。

©Copyrights 2015-2018, non-standard programmer

このサイトは、あくまでも私の個人的体験を、綴ったものです。 軽く参考程度にご利用ください。